TOHOシネマズ学生映画祭


審査員・トークセッションゲストご紹介まとめ

審査員

※順不同・敬称略・五十音順でのご紹介です。



奥田誠治
日本テレビ事業局
ゼネラル・プロデューサー

都立北園高校を経て明大政経学部卒業後、1980年日本テレビ入社。編成部から映画部に異動、『風の谷のナウシカ』放送が縁で宮崎駿監督らと知り合い、『魔女の宅急便』(89) から『思い出のマーニー』(14)まで全てのジブリ作品に製作担当として参加。また、細田守監督作品を応援、『サマーウオーズ』(09)から『バケモノの子』(15)までを製作。 主な実写プロデュース作品は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05〜)、『DEATH NOTE 前・後編』(06)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)、『20世紀少年』シリーズ(08、09)、『太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男』(11)、『謝罪の王様』(13)など。そして昨年末は終戦70年企画『杉原千畝』を公開。新作は『ちはやふる上の句・下の句』『あやしい彼女』。この夏は3DCGアニメ『ルドルフとイッパイアッテナ』そして年末公開の『海賊とよばれた男』がある。AMDアワード総務大臣賞、第25回藤本賞特別賞ほか受賞。 (社)日本映画テレビプロデューサー協会副会長。



小泉徳宏
映画監督

1980年、東京都生まれ。ROBOT所属。2006年『タイヨウのうた』で劇場長編映画監督デビューを果たし、大ヒットを記録。08年に佐藤隆太主演『ガチ☆ボーイ』を発表し、国内に留まらず、海外での評価も高く数々の海外映画祭で上映された。以降、蒼井優・鈴木京香・竹内結子・田中麗奈・仲間由紀恵・広末涼子が出演した『FLOWERS』(10年)、佐藤健主演の『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13年)を手掛け、同作では新人の大原櫻子を発掘したことでも話題に。新人や若手俳優を次々に起用していく先見性と、その繊細で情緒豊かな演出手腕は、各方面から高い評価を受けている。3月19日公開『ちはやふる-上の句-』(16年)、4月29日公開『ちはやふる-下の句-』では脚本も担当。これからの日本映画界を背負って立つ存在。



 
福里真一
ワンスカイ
CMプランナー・コピーライター

1968年鎌倉生まれ。一橋大学社会学部卒業後、92年電通入社。2001年よりワンスカイ所属。いままでに1000本以上のテレビCMを企画・制作している。主な仕事に、ジョージア「明日があるさ」、サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN」「TOYOTOWN」、ENEOS「エネゴリくん」、東洋水産「マルちゃん正麺」、アフラック「ブラックスワン」、ゆうパック「バカまじめな男」など。著書に『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』(宣伝会議)、『困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』(日本実業出版社)。



 
中谷敏夫
日本テレビ
コンテンツ事業部専門副部長兼プロデューサー

1968年横浜市生まれ。30本以上のレギュラーシリーズを製作。放送局のプロデューサーとしては随一の実績を誇る。映画『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』でアニメプロデューサーデビュー。また、早稲田大学探検部出身ということもあり、バラエティ「世界まる見え!テレビ特捜部」ではディレクターとして活躍した。現在も数多くの日本テレビ制作アニメ作品のプロデューサーとして活躍中。アニメ映画『それいけ!アンパンマン映画作品(9本) 』『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』他。テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』『NANA』『DEATH NOTE』『週刊ストリートランド』『はじめの一歩』『ズッコケ三人組』『桜蘭高校ホスト部』『ガッチャマン クラウズ』『CLAY MORE』『RAINBOW〜二舎六房の七人』『MONSTER』『HUNTER×HUNTER (2011年のアニメ)』『賭博黙示録カイジ』『アカギ ?闇に降り立った天才?』『寄生獣 セイの格率』『君に届け』『俺物語!!』『ルパン三世テレビスペシャルアニメ』『ちはやふる』他。





トークセッション ゲスト



ライムスター・宇多丸
ラッパー、ラジオ・パーソナリティ
 

1969年東京都生まれ。1989年、ヒップホップ・グループ「ライムスター」をMummy-Dと結成。日本のヒップホップ・シーンを黎明期より牽引し続け、いまだに第一線で驚異的な活躍をみせている。また2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、ラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。2009年には放送業界最高栄誉賞、第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞している。近作に昨2015年7月発売のライムスター・アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』および、同アルバムの全国ツアー映像作品『King Of Stage Vol. 12』。2016年2月27日にはラジオ番組からのスピンオフ本『R&B馬鹿リリック大行進 〜本当はウットリできない海外R&B歌詞の世界〜』を発売。同5月15日にはお台場で野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』を主催する。RHYMESTER